ジャズギターが学べるサイト ジャズギタースタイルマスター

Dm7(b5)-G7-Cm7でのアドリブ

目次
1. コード進行
2. スケールだけではジャズらしくならない?
3. コードトーンを覚えよう
 3.1 コードトーンを使った練習法
 3.2 コードトーンを使ったアドリブ
4. G7でGオルタードスケールを使う
 4.1 Gオルタードスケールのリック
5 アドリブ例

コード進行

CマイナーキーのII-V-I(Dm7(b5)-G7-Cm7)を使って練習していきます。
Dm7(b5)-G7-Cm7
まずは基本のコードを弾いて響きを覚えましょう。

5弦ルートDm7(b5)5弦ルートDmi7(b5)
6弦ルートDm7(b5)6弦ルートDmi7(b5)
6弦ルートG76弦ルートG7
6弦ルートG7(#5)6弦ルートG7(#5)
5弦ルートG7(#9)6弦ルートG7(#9)
5弦ルートCm7Cmi75弦ルート
5弦ルートCm9Cmi95弦ルート
6弦ルートCm7Cmi76弦ルート

各コードが弾けるようになったら、アドリブ練習のためのバッキングトラックを作りましょう。
ここではドラムとベースの打ち込みを使います。

もちろんメトロノームをバックに作ったり、ピアノを打ち込んでコードを弾いても構いません。マイナスワンを使うならJamey Aebersold Play-A-Long Vol3がおすすめです。

自分の練習しやすい環境を作れたらアドリブ練習です。まずは材料となるスケールを見てみましょう。

スケールだけではジャズらしくならない?

マイナーキーのII-V-Iでは下記のスケールがよく使われます。

Dm7(b5)=Dロクリアン、Dロクリアンナチュラル2スケール
G7=Gオルタード、ミクソリディアンb9,b13スケール
Cm7=Cマイナー、Cドリアン、Cメロディックマイナースケール

しかし、使えるスケールが分かってもジャズらしいアドリブが弾けません。その原因は主に2つあります。
1、コード進行を意識せずにスケールを弾いてしまう。
2、ジャズらしいリック(フレーズ)を知らないで弾いてしまう。

まずは1を解決するために、コード進行を意識する練習をしてみましょう。

コードトーンを覚えよう

コードトーンとはコードの構成音の事で、4和音ではルート(1度)、3度、5度、7度で成り立っています。Cm7の場合はルートのC、b3度のEb、5度のG、b7度のBbになります。

Cm7のコードトーン
Cm7のコードトーン

はじめからギターネック上の全てのコードトーンを覚えようとするのは大変なので、ポジションごとに分けて覚えるのがおすすめです。ここでは、2ndポジション(2フレットに人差し指を置いて弾ける範囲)~3rdポジションでのコードトーンを紹介します。

Dm7(b5)Dロクリアン2スケール2ndポジション
G7G7コードトーンダイアグラム
Cm7Cm7コードトーンダイアグラム

まずはコードトーンの位置がある程度見えてくるまで弾いてみてください。少し分かってきたらコード進行上で弾いてみましょう。

コードトーンを使った練習法

コードトーンを弾く練習は、コード進行の響きを覚えるのに役立ち、また、コードに対してのインサイドの響きを覚えるので、後にアドリブをする際、自分の出している音が合っているのか外れているのかを識別できるようにもなります。

まずは小節の1拍目にコードのルートから弾く練習をしましょう。

1拍目をルートから上昇する方法

コードトーン練習法1

1拍目をルートから下降する方法

コードトーン練習法1

8分音符が難しければ、4分音符にしてゆっくり弾いても構いません。まずはコード進行の響きに慣れることがこの練習の目的です。また、練習するときはバックにコードを鳴らしながら行なうことで、より早く「耳」に覚えこませることができます。

コードトーンが見えてきたら、毎回1拍目にルートを弾くのではなく、終わった音から一番近い次のコードのコードトーンを弾くようにします。

コードトーンをスムーズにつなげる方法

コードトーン練習2-1

この練習はコードトーンの位置を完全に把握するのに役立ちます。コードトーン内のどの音からはじめても弾けるように練習してみてください。これができるようになったら、コードトーンをアドリブに生かす練習をしてみましょう。

コードトーンでアドリブ

今まではコードトーンを覚えるための練習でしたが、今度はコードトーンを使ってアドリブする練習です。ここではリズムを変えて、自由にコードトーンを選んで演奏してみましょう。おすすめのリズムを3つ紹介しておきます。。

4分音符+8分音符 8分音符+付点4分音符 4分音符+3連8分音符

上記リズムを使ったコードトーンのアドリブ例

コードトーン練習2-1

次は16分音符など、色々なリズムを入れて弾いてみます。

様々なリズムを使ったコードトーンのアドリブ例

コードトーン練習2

はじめのうちは4分音符、8分音符を使った簡単なリズムを使う事から始めて、徐々にいろいろなリズムを組み合わせて演奏してみてください。

次はG7でGオルタードスケールを取り入れた練習をしてみましょう。

G7でGオルタードスケールを使う

まずは2ndポジションのGオルタードスケールを弾いてみましょう。

Gオルタードスケール

Gオルタード6弦ルート人差し指

スケールの位置が見えてきたら、完全に把握出来るよう終わった音から一番近いスケール音を弾く練習をします。

スケール練習

コードトーン+オルタードスケール練習1

スケールの響きになれてきたら、アドリブに取り入れていきましょう。ただ、スケールは闇雲に使っていてもなかなかカッコよく弾けません。そこで、Gオルタードスケールのリックを覚えてみましょう。

Gオルタードスケールのリック

まずはサウンドを聴いて気に入ったものから覚えてきましょう。

リック1Gドミナントディミニッシュリック1
リック2Gドミナントディミニッシュリック2
リック3Gドミナントディミニッシュリック3
リック4Gドミナントディミニッシュリック4
リック5Gドミナントディミニッシュリック5
リック6Gドミナントディミニッシュリック6

リックを覚えたらDm7(b5)コードでのアドリブのページで紹介しているDm7(b5)リックとつなげてII-V-Iリックを作ってみましょう。

GオルタードスケールのリックからCm7へは、一番近いCm7のコードトーンを選んで弾きます。慣れてきたら9thのサウンドもおすすめなので使ってみてください。

オルタードを使ったII-V-Iリック1

オルタードスケールを使ったII-V-Iリック1

オルタードスケールを使ったII-V-Iリック2

オルタードスケールを使ったII-V-Iリック2

オルタードスケールを使ったII-V-Iリック3

オルタードスケールを使ったII-V-Iリック3

オルタードスケールを使ったII-V-Iリック4

オルタードスケールを使ったII-V-Iリック4

オルタードスケールを使ったII-V-Iリック5

オルタードスケールを使ったII-V-Iリック5

オルタードスケールを使ったII-V-Iリック6

オルタードスケールを使ったII-V-Iリック6

リックが作れたらリック同士をつなげてみましょう。3、4小節目はCm7のコードトーンを使います。

Dm7-G7ドミナントディミニッシュ-CM7リックアドリブ

リックをつなげて弾くことに慣れてきたら、リック自体のリズムに変化をつけてより自然になるように弾いてみましょう。

Dm7-G7-CM7リックアドリブ

リックを自然に使えるようになってきたら、今までのものを全て組み合わせてアドリブしてみましょう。

アドリブ例

前半はコードトーンを主体にしたシンプルなアドリブ。中盤からはオルタードリックや、16分を取り入れてアドリブしています。

マイナー2-5-1アドリブ演奏例譜面

アドリブするときに大切なことは、歌いながら弾くことです。はじめはなかなか上手くいかないかもしれませんが、あきらめずに練習を続けてみてください。ネック上全てのポジションでアドリブ出来るようになったら、Dm7(b5)-G7-Cm7でのアドリブは完成です。

ページトップに戻る