ジャズギターが学べるサイト ジャズギタースタイルマスター

Days Of Wine And Roses

1 コード進行
2 Key(調)
3 Fメジャースケールのダイアトニックコード
4 1~8小節目のコード進行
5 使用できるスケール
6 アドリブ例
7 おすすめCD

コード進行

カラオケ(4コーラス)

コード進行

まずはコード進行を分析して各コードの機能や使えるスケールを調べてみましょう。コード進行は、「曲のKey→各コードの機能→使えるスケール」、という順番で分析していくのが簡単です。それでは曲のKeyをみていきましょう。

Key(調)

Keyは調号から判断することができます。
調号
この進行には「b」が1つ付いているので、FメジャーかDマイナーという事になります。はじめめの小節をみるとFMa7コード、

FM7

終わりの小節を見るとGm7-C7とFメジャーKeyのII-Vになっているので、

Gm7-C7

この場合はKey=Fメジャーが最適です。では次にFメジャースケールのダイアトニックコードを見てみましょう。

Fメジャースケールのダイアトニックコード

Fメジャースケールのダイアトニックコード

これらがFメジャースケールから作られるコードです。コード進行と比べてみると、最初の8小節にダイアトニックコード以外のコードが含まれているので、詳しくみていきましょう。

1~8小節目のコード進行

2小節目のEb7はFマイナーKeyからの借用で、サブドミナントマイナー(Bbm7)の代理コードと解釈できます。
Fメジャースケールのダイアトニックコード
3~4小節目はGm7に対するセカンダリドーミナントをII-Vにしたと解釈できます。7~8小節目はサブドミナントマイナー+その代理コードと解釈できます。
Fメジャースケールのダイアトニックコード
その他のコードはダイアトニックコードが中心になっているので、使えるスケールをみていきましょう。

使用できるスケール

アドリブ例の演奏を元に使えるスケールを紹介します。2、7、8小節目のサブドミナントマイナー箇所は、もちろんFマイナースケールを使うこともできますが、ここではリディアンb7スケールを使っています。1音しか違いがありませんが、ジャズらしいサウンドを出すのに重宝するスケールです。
使えるスケール

アドリブ例

Fメジャースケールを中心に、II-V-Iリック、コードトーンを使ったアドリブ例を2コーラス音源にしました。1コーラス分は譜面にしてありますので合わせて参考にしてみて下さい。

アドリブ例

アドリブ例

おすすめCD

Pat Martino(パット・マルティーノ)

マルティーノ独特のクロマチックフレーズが学べます。

Wes Montgomery(ウェス・モンゴメリー)

メロディーを大切に歌い上げるアドリブが学べます。

Bireli Lagrene(ビレリ・ラグレーン)

ビレリの超絶速弾きフレーズが堪能できます。

Bill Frisell(ビル・フリゼール)

コンテンポラリースタイルの酒バラが学べます。

ページトップに戻る