ジャズギターが学べるサイト ジャズギタースタイルマスター

リズムチェンジについて

1 コード進行
2 代表曲
3 おすすめCD

コード進行

リズムチェンジはガーシュインの「I Got Rhythm」のコード進行を元に作られています。

I Got Rhythm

I Got Rhythmのコード進行
この進行を元に、ジャズでは以下のように演奏されます。

Rhythm Change

リズムチェンジのコード進行

代表曲

リズムチェンジで有名なものには、
ソニー・ロリンズの「オレオ(Oleo)」
チャーリー・パーカーの「アンソポロジー(Anthropology)」
ソニー・スティットの「エターナルトライアングル(Eternal Triangle)」

があります。

おすすめCD

Joe Pass(ジョー・パス)

Oleo ジャズブルースの曲でもおすすめしましたが、リズムチェンジの演奏も参考になります。

Joe Pass(ジョー・パス)

Oleo 上と同じくジョーパスですが、こちらはまた違った演奏を聴くことができます。

Larry Coryell(ラリー・コリエル)

Oleo フュージョン要素が強いですが、こちらも参考になります。

Grant Green(グラント・グリーン)

Oleo 正統派ジャズのフレーズがたくさん学べます。

Complete Quartets With Sonny Clark

amazon.jpの詳細ページへ

Mike Stern(マイク・スターン)

Oleo ギタートリオでの演奏スタイルの参考になります。

Pat Martino(パット・マルティーノ)

Oleo アドリブではほとんどワンコードになってしまうので、アレンジの研究に最適です。

George Benson(ジョージ・ベンソン)

Oleo 速いテンポの上に乗る、とにかく正確なピッキングが圧巻です。

ページトップに戻る