このページの先頭です
ここから本文です

楽譜講座

スペース

スラッシュ表記、リズム表記

まずはスラッシュ表記を見てみましょう。
スラッシュ譜面表記

この斜めのスラッシュマークが書いてあると、リズムとコードヴォイシングを
自分で選ぶ事が出来ます。
その曲にあった雰囲気や、バンドの雰囲気などに合わせて演奏します。

リズム譜面表記

コードヴォイシングは自由に選べますが、リズムは表記されているリズムを演奏します。
コードヴォイシングとリズムが決まっている場合は次のように表記します。
コードヴォイシングとリズムが決まっている譜面

スペース

繰り返し記号

例えば、
リズム譜面表記

1、2小節目の様に次の小節に同じリズムが来る場合、1小節の繰り返し記号を使う事が出来ます。
リズム譜面表記

また、
リズム譜面表記

1~2、3~4小節目の様に、2小節同じリズムがある場合、
2小節の繰り返し記号を使う事が出来ます。
2小節の繰り返し記号

スペース

リピートマーク

例えば、
スラッシュ譜面表記
スラッシュ譜面表記

このように同じ4小節が続く場合、リピート記号をつける事が出来ます。

リピート記号

リピートマークは、記号内の小節をもう一度繰り返し演奏させたい時に使います。

スペース

ダ・カーポ

ダ・カーポ(ダカーポ)は曲の頭(始まり)に戻る時に使う記号で、曲全体を
もう一度繰り返し演奏させたい時に使います。

スラッシュ譜面表記
Dmi7-G7
この場合、8小節を演奏後、譜面の頭に戻って、また8小節を演奏して終わります。

スペース

ダルセーニョ

ダルセーニョ(ダルセーニョ記号)は、譜面上で曲の頭ではなくある特定の場所からリピートさせたい時に使用します。
その場合、ダルセーニョと表記して、ダル・セーニョ記号の位置まで戻ります。
次の譜面を見てください。

スラッシュ譜面表記
Dmi7-G7
この場合、8小節を演奏した後、5小節目のダルセーニョ記号に戻って8小節目まで演奏して終わります。

スペース

コーダ

コーダ(コーダ記号)はダカーポや、ダルセーニョと一緒に使われ、繰り返した後
新しいセクションに行かせたい時などに使われます。

スラッシュ譜面表記
Dmi7-G7

CMa7-Ami7-Dmi7-G7

この場合、8小節を演奏した後、5小節目に戻って8小節目まで演奏して、
コーダへ行って終わります。

スペース

フィーネ

フィーネ(フィーネ)は曲を終わらせる小節の下に書きます。
ほとんどの場合ダカーポや、ダルセーニョと一緒に使われ、曲の途中で終わらせる時に使います。

スラッシュ譜面表記
フィーネ