このページの先頭です
ここから本文です
スペース

スケール練習のメリット

スケール練習は、そのスケールの響きを覚えることや、いろいろなパターンを弾くことで
アドリブのアイデアになります。
もちろん、右手と左手のタイミングを合わせる練習やウォーミングアップにも最適です。
指板上の配置を覚えるのにも役立つので、早速いくつかの練習法を試してみましょう。

スペース

インターバルを使ったスケール練習

インターバルは1度から8度(オクターブ)、9度、10度など、ギターで弾ける音程なら
どれでも練習になります。ここでは1度から7度までを練習してみましょう。
Cメジャースケールの2ndポジションを例に紹介します。
音源のテンポは全て4分音符=100です。

リアルプレイヤーを使った再生 1度のスケール練習
1度のスケール練習1
1度のスケール練習1-2

2度の上昇パターン。

リアルプレイヤーを使った再生 2度の上昇スケール練習
2度のスケール練習
2度のスケール練習

2度の下降パターン。

リアルプレイヤーを使った再生 2度の下降スケール練習
2度のスケール練習
2度のスケール練習

3度の上昇パターン。

リアルプレイヤーを使った再生 3度の上昇スケール練習
3度のスケール練習
3度のスケール練習

3度の下降パターン。

リアルプレイヤーを使った再生 3度の下降スケール練習
3度のスケール練習
3度のスケール練習

4度の上昇パターン。

リアルプレイヤーを使った再生 4度の上昇スケール練習
4度のスケール練習
4度のスケール練習

4度の下降パターン。

リアルプレイヤーを使った再生 4度の下降スケール練習
4度のスケール練習
4度のスケール練習

5度の上昇パターン。

リアルプレイヤーを使った再生 5度の上昇スケール練習
5度のスケール練習
5度のスケール練習

5度の下降パターン。

リアルプレイヤーを使った再生 5度の下降スケール練習
5度のスケール練習
5度のスケール練習

6度の上昇パターン。

リアルプレイヤーを使った再生 6度の上昇スケール練習
6度のスケール練習
6度のスケール練習

6度の下降パターン。

リアルプレイヤーを使った再生 6度の下降スケール練習
6度のスケール練習
6度のスケール練習

7度の上昇パターン。

リアルプレイヤーを使った再生 7度の上昇スケール練習
7度のスケール練習
7度のスケール練習

7度の下降パターン。

リアルプレイヤーを使った再生 7度の下降スケール練習
7度のスケール練習
7度のスケール練習

全てのスケール練習はバックにコードを鳴らしながら、メトロノームやリズムマシーンに合わせて
練習すると、響きを覚えやすくリズム感も養えます。
他のポジションでも同じように練習して、慣れてきたらパターンを使って練習しましょう。

スペース

パターンを使ったスケール練習

インターバルが出来るようになってきたら、パターンを使って弾いてみましょう。
まずはトライアドを使ったパターンです。

リアルプレイヤーを使った再生 トライアドを使ったスケール練習
トライアドを使ったスケール練習
トライアドを使ったスケール練習

今度は4和音でやってみましょう。

リアルプレイヤーを使った再生 4和音を使ったスケール練習
4和音を使ったスケール練習
4和音を使ったスケール練習

パターンは何通りも考えられるので、いろいろ試してみて下さい。
この他にインターバールを持続させる方法もあります。
5度でやってみましょう。

リアルプレイヤーを使った再生 5度音程を使ったスケール練習
4和音を使ったスケール練習
4和音を使ったスケール練習

2ndポジションに慣れてきたら他のポジションでも練習して、全てのポジションで
弾けるようになったら、ネック全体を使って練習してみましょう。

スペース

ネック全体を使ったスケール練習

各ポジションをしっかり覚えられているかを確認するためのスケール練習です。
練習するスケールの一番低い音から高い音までを弾きます。
Cメジャースケールを例に早速やってみましょう。
リアルプレイヤーを使った再生 ネック全体を使ったスケール練習
4和音を使ったスケール練習
4和音を使ったスケール練習

ポジション移動するタイミングは自由です。
どの弦上でもポジション移動できるように練習しておくと効果的です。
またコードチェンジに合わせてスケールを使い分けながらネック全体を使う練習もおすすめです。
ここでは4度進行で練習してみましょう。
リアルプレイヤーを使った再生 ネック全体を使ったスケール切り替え練習
4和音を使ったスケール練習
4和音を使ったスケール練習

練習しているスタンダードのコード進行に合わせてスケール練習するのも効果的です。
Cメジャースケールを例に紹介してきましたが、メロディックマイナースケールや、ハーモニック
マイナースケールなど、いろいろなスケールで練習してみてください。
スケール練習は直接アドリブが出来るようになるわけではないですが、ピッキングや
フィンガリングの正確さや、指板上の配置を覚えるのにとても有益なものなので、
暇な時間をみつけては練習するようにしておくといいと思います。

スペース

各スケールの度数表記PDF

スケール練習する際に、ポジションだけでなく何度の音を弾いているのかを意識するのもとても大切です。
各スケールのギターネック上の度数表記をPDFにしましたので活用してみてください。

メジャー系コードで使えるスケール

メジャースケールPDF (365kb)

リディアンスケールPDF (391kb)

メジャーペンタトニックスケールPDF (618kb)

ハーモニックメジャースケールPDF (830kb)

マイナー系コードで使えるスケール

ドリアンスケールPDF (381kb)

エオリアンスケールPDF (384kb)

フリジアンスケールPDF (388kb)

ロクリアンスケールPDF (391kb)

ロクリアンナチュラル2スケールPDF (882kb)

メロディックマイナースケールPDF (805kb)

ハーモニックマイナースケールPDF (858kb)

マイナーペンタトニックスケールPDF (682kb)

ドミナント系コードで使えるスケール

ミクソリディアンスケールPDF (389kb)

ミクソリディアンb6スケールPDF (844kb)

ミクソリディアンb9b13スケールPDF (879kb)

ブルーススケールPDF (772kb)

オルタードスケールPDF (924kb)

リディアンb7スケールPDF (818kb)

ドミナントディミニッシュスケールPDF (986kb)

ホールトーンスケールPDF (803kb)

ディミニッシュコードで使えるスケール

ディミニッシュスケールPDF (949kb)