ジャズギターが学べるサイト ジャズギタースタイルマスター

練習のすすめ

1 練習方法
2 上達の哲学
3 練習の心得

練習方法

練習はメトロノームやバッキングトラックを使って行うのをおすすめします。音楽を演奏する上で最も重要なものはリズム=タイム感です。いかにスウィングさせるか、を研究するためにも正確なリズムを出してくれるメトロノームは必需品です。そして、自分の演奏を「録音」すること。自分の演奏を客観的に聴くことで、自分の癖や苦手な部分が分かります。

上達の哲学

練習をすれば上手くなりますが、ただ闇雲に練習していたのでは上手くなりません。上手くなるために必要なものは目標です。自分は何を目指しているのか、どうなりたいのかを明確に持つことが大切です。

最終目標が決まれば自分に必要なことが見えてきます。それに合わせて練習計画を立て、実行していけば上達していきます。

練習の心得

ギターの練習に費やす時間と同じ時間分、ジャズを聴くことに時間を費やしてみてください。音楽は耳から学ぶものです。素晴らしいジャズミュージシャンの演奏を聴いて自分の耳で吸収していくことは、ギターを練習するのと同じくらい価値があります。さまざまな時代のジャズを聴いて、自分の好きなアーティストをたくさん見つけてみてください。

また、練習内容は自分が必要だと思うものだけを選ぶことが大切です。例えばアドリブだけ、コピーだけ、スケールだけ、リックだけ、など自分のやりたい練習を明確にして行うと、上達の速度も向上します。

「素晴らしいジャズミュージシャンの演奏を聴く」、「自分に必要な練習を選ぶ」、この2つを意識して練習してみてください。

ページトップに戻る