ジャズギターが学べるサイト ジャズギタースタイルマスター

ギターネックポジション

1 ネックポジションについて
2 メジャースケール
3 ドリアンスケール
4 ミクソリディアンスケール

ネックポジションいついて

このサイトでは、ギターのネックを「5つ」のポジションに分けています。Cメジャースケールを基準にしているので、まずはCメジャースケールのネック上の配置を見てみましょう。

Cメジャースケール(RはC音を表しています)

Cメジャースケールギターネックポジション

これを5つのポジションに分けると以下のようになります。

メジャースケール

ポジション1
メジャースケールポジション1
ポジション2
メジャースケールポジション2
ポジション3
メジャースケールポジション3
ポジション4
メジャースケールポジション4
ポジション5
メジャースケールポジション5

これが基本となるポジションです。キーが変わってもポジションの形は変わりません。例えばDメジャースケールのポジション1は次のようになります。

Dメジャースケールポジション1
Dメジャースケールポジション1

ポジションの音の配置を覚える時は、コードとコードトーンも一緒に覚えておくのが効果的です。メジャースケールはM7コード上で使われるので、各ポジションでM7コードを覚えましょう。

ポジション1
メジャーコードポジション1
ポジション2
メジャーコードポジション2
ポジション3
メジャーコードポジション3
ポジション4
メジャーコードポジション4
ポジション5
メジャーコードポジション5

コードフォームを覚えるときは、度数(R、3、5、7)も一緒に覚えておくと効果的です。コードトーンも同様に見ていきましょう。

ポジション1
メジャーコードトーンポジション1
ポジション2
メジャーコードトーンポジション2
ポジション3
メジャーコードトーンポジション3
ポジション4
メジャーコードトーンポジション4
ポジション5
メジャーコードトーンポジション5

以上がメジャースケールの各ポジションです。以下にドリアンスケールとミクソリディアンスケールのポジションも紹介しておきます。

ドリアンスケール

ポジション1
ドリアンスケールポジション1
ポジション2
ドリアンスケールポジション2
ポジション3
ドリアンスケールポジション3
ポジション4
ドリアンスケールポジション4
ポジション5
ドリアンスケールポジション5

ドリアンスケールはm7コード上で使うので、m7コードが見えるようにしておきましょう。

ポジション1
マイナー7thコードポジション1
ポジション2
マイナー7thコードポジション2
ポジション3
マイナー7thコードポジション3
ポジション4
マイナー7thコードポジション4
ポジション5
マイナー7thコードポジション5

コードトーンも覚えておくと、ネック上をより深く理解できます。

ポジション1
マイナー7thコードトーンポジション1
ポジション2
マイナー7thコードトーンポジション2
ポジション3
マイナー7thコードトーンポジション3
ポジション4
マイナー7thコードトーンポジション4
ポジション5
マイナー7thコードトーンポジション5

ミクソリディアンスケール

ポジション1
ミクソリディアンスケールポジション1
ポジション2
ミクソリディアンケールポジション2
ポジション3
ミクソリディアンスケールポジション3
ポジション4
ミクソリディアンケールポジション4
ポジション5
ミクソリディアンケールポジション5

ミクソリディアンスケールは7thコード上で使うので、7thコードが見えるようにしておきましょう。

ポジション1
7thコードポジション1
ポジション2
7thコードポジション2
ポジション3
7thコードポジション3
ポジション4
7thコードルポジション4
ポジション5
7thコードポジション5

コードトーンも覚えておくと、ネック上をより深く理解できます。

ポジション1
7thコードポジション1
ポジション2
7thコードポジション2
ポジション3
7thコードポジション3
ポジション4
7thコードルポジション4
ポジション5
7thコードポジション5
ページトップに戻る