ジャズギターが学べるサイト ジャズギタースタイルマスター

運指とピッキング

1 はじめに
2 運指の選び方
3 ピッキングの選び方
4 フィンガリングテクニックの選び方
5 バッハの曲を弾いてみよう

はじめに

1つのフレーズを弾く方法はかなりの種類があります。はじめは弾きやすいと思える方法で弾いて、最終的には自分の出したい音が出せる方法を瞬時に選べるようになるのが理想です。まずは運指の選び方からみていきましょう。

運指の選び方

譜例を使って、まずは考えられる運指をいくつか弾いてみましょう。
Dm7リック
ここでは3通りの方法を試してみます。

運指例1
運指例1
運指例2
運指例2
運指例3
運指例3

それぞれ弾いてみるとわかりますが、音はほとんど変わらないと思います。どれを選ぶかは、弾きやすさを基準に選んでいくのが効果的です。慣れてくると自分の弾きやすい運指がすぐに分かるようになるので、それまでいろいろ試してみましょう。

ピッキングの選び方

ピッキングも運指同様、譜例を使っていろいろなパターンを弾いてみてみましょう。
Dm7リック
ここでも3通りの方法を試してみます。運指は運指例2を使っています。
ダウンピッキング記号・・・ダウンピッキング、アップピッキング・・・アップピッキング)

ピッキング例1
運指例1
ピッキング例2
運指例2
ピッキング例3
運指例3

ピッキングも運指同様、ほとんど音色に差が無いと思います。どれを選ぶかは、弾きやすさを基準にするのが最適です。ただピッキングは、ピッキングする場所によって音色を変化させることができます。

ブリッジより
Dm7リック
ネックより
Dm7リック

ピックを弦にあてる角度によっても音色が変わります。

平行
Dm7リック
斜め
Dm7リック

ピックの使う場所によっても音色が変わります。

先端
Dm7リック
サイド
Dm7リック

ピックの種類でも音色は変わります。

ヘヴィーピック
Dm7リック
ミディアムピック
Dm7リック
シンピック
Dm7リック

ピックは音色の選択肢が広いので、それぞれの弾き方がどんな音になるのか、じっくり研究してみてください。

フィンガリングテクニックの選び方

フレーズをなめらかに弾きたいときに有効なのが、このフィンガリングテクニックです。フィンガリングテクニックには、スライド、ハンマリング、プリング、グリスなどがあります。早速譜例を弾いてみましょう。

フィンガリング例1
フィンガリング例1
フィンガリング例2
フィンガリング例2
フィンガリング例3
フィンガリング例3

ピッキングと比べると、音の強弱がかなりはっきりすると思います。ゆっくりなテンポだとなめらかさが分かりにくいですが、速いテンポで弾くと効果が大きくなります。

フィンガリング例3 速弾き

Dm7リックフィンガリング例

フィンガリングテクニックもそれぞれ微妙な音の違いがあるので、1つずつ研究してみてください。お気に入りのアーティストがいれば、そのアーティストと全く同じ方法で弾いてみるのも効果的です。運指、ピッキング、フィンガリングの3つを意識していろいろなリックを弾いていくと、だんだんと自分の好みの指使いや音色が分かってくると思います。

バッハの曲を弾いてみよう

ピッキングやフィンガリングを上達させる方法として、クラシック曲を弾くのもおすすめです。ジャズではあまり出てこないようなトライアドのアルペジオが多く出てくるのでとても良い練習になります。ここではバッハの「Sonatas and Partitas」32ページから抜粋してPDFにしましたので弾いてみてください。

SONATA IV. For Guitar PDF(57kb)

自分なりの運指を見つけるのも良い練習になります。フィンガリングテクニックも同様に自分なりの方法を探してみてください。原著はTAB譜がついていないので、読譜の練習にも最適です。

Johann Sebastian Bach (作曲),
E. Herrmann (編集)
Amazon.co.jp
ページトップに戻る