ジャズギターが学べるサイト ジャズギタースタイルマスター

Finale2003でTAB譜

1 Finaleとは
2 Finale2003の起動
3 TAB譜に数字を入れる
4 TAB譜を音符にする
5 符尾の調整
6 TAB譜の大きさを調整
7 TAB譜の数字を調整

Finaleとは

Finale(フィナーレ)は楽譜製作が出来るソフトです。このサイトの五線、TAB譜は全てFinale2003を使って製作しています。ここではFinale2003でのTAB譜の作り方を紹介していきます。

現在Finaleは2014が発売されています。


Finale 2014 amazon詳細ページ

Finale2003の起動

早速起動してみましょう。

Finale 2003 ファイル・セットアップウィザード

起動するとファイル・セットアップウィザードがでてきます。特定の曲のTAB譜を作るときは、タイトル、作曲者を入力。自分用のリックなどを作るときはそのまま「次へ」をクリックしましょう。(タイトル、作曲者は後からでも入力できます。)

Finale パート選択画面1

「次へ」をクリックすると、パート選択画面になります。ここでは「フレット楽器」をクリック、「Guitar」、「GuitarTAB」を選択して「追加」をクリックします。「Ctrl」を押しながらクリックすることで2つ以上を同時に選ぶことができます。

Finale2003 パート選択画面2

この状態で「次へ」をクリックすると、調と拍子の設定が出てきます。

Finale 2003 調と拍子の設定

調と拍子は後から自由に変えられるので、このまま「次へ」をクリックします。

Finale 2003 その他の設定

その他の設定画面になります。テンポ、弱起(アウフタクト・・・1拍め以外から曲がはじまる場合の設定)は後からでも設定できるので、ここではデフォルトの記譜用フォントをJazzにして完了をクリックします。
Finale 2003 記譜用フォントをJazz

記譜用フォントも後から変更できますが、音符の位置やTAB譜が微妙にずれてしまうので、ここで設定しておく方が簡単です。

今日の豆知識

完了をクリックすると今日の豆知識が出てきます。今後表示させたくない場合は「起動ごとにチップスを表示」のチェックをはずして、「閉じる」をクリックします。(今日の豆知識は後から自由に見ることができます。)

Finale 2003 譜面

上のように五線譜とTAB譜が完成しました。次は実際に音を入力していきましょう。

<タイトル、作曲者名が文字化けする問題>
タイトル、作曲者名が日本語の時、記譜用フォントをJazzにすると必ず起こってしまいます。直し方は、まずテキスト・ツールをクリックします。

テキスト・ツールをクリック

すると、タイトル、作曲者名の上に四角が出てきます。それをダブルクリックすると、編集できるようになります。
まずタイトルから。

Finale タイトル編集1

ダブルクリックしてあと、タイトルをマウスのドラッグ・アンド・ドロップして反転させます。

Finale 2003 タイトル編集2

この状態のまま上部の「文字」をクリックします。

Finale 2003 タイトル編集3

さらにフォントをクリックします。

フォント

するとフォント設定画面が出てくるので好みのフォントに設定します

フォント設定

フォントが決まったら「OK」をクリックします。

フォント修正

するとタイトルのフォントが表示されました。作曲者にも同様の手順でなおします。

フォント修正

無事、タイトル、作曲者が表示されました。

<不要な線が残ってしまう症状>

何かを編集した後に、不要な線などの残像が残ってしまう場合があります。

不要な線

こんなときは「Ctrl」を押しながら「U」を押すことで解消されます。

完成

TAB譜に数字を入れる

TAB譜の入力はまず、左の音符の中から長さを選んでクリックします。

音符の選択

音符の長さが決まったら、TAB譜の目的の弦上でクリックします。

音符入力TAB譜

すると、赤色の0という数字が出てきます。(この赤色は選択されているという意味もあります。)
この状態でテンキーの数字を押すと、その数字が赤色の数字に反映されます。

音符入力TAB譜

10以上の数字を入れる場合は、最初の数字(10の場合は1)と打った後すぐに
次の数字(10の場合は0)を押すことで入力できます。

音符入力TAB譜

弦を間違えてしまった場合は上下キーで弦を移動させることができます。
では同様にして、TAB譜を入力してみましょう。

音符入力TAB譜

こんな感じになります。
ただこのままだと符尾が表示されていないので、長さが分かりません。
それを解消するにはまず五線ツールをクリックします。

五線ツール

TAB譜の上に四角が表示されるので、その四角をダブルクリック。すると五線の属性が表示されます。

五線の属性

ここで、右側にある「表示する項目」で符尾にチェックを入れます。
他に、付点や休符、タイ、拍子記号も表示したいのでチェックして、「OK」を押します。

五線の属性

TAB譜完成

無事、TAB譜に符尾がつきました。

TAB譜を音符にする

TAB譜の入力が出来たら、次は音符です。ブロック編集ツールをクリックします。

ブロック編集ツール

ドラッグ・アンド・ドロップでTAB譜を入力した3小節分を反転させます。

選択

反転させた部分をさらにドラッグ・アンド・ドロップで五線譜に動かします。

選択

選択

これでTAB譜に対応した五線譜が出来ました。

符尾の調整

ここまでで出来たTAB譜を見やすくしていきましょう。まず符尾が全て上側についているので、各弦の位置に合わせて最適になるようにします。

「五線ツール」をクリック、TAB譜の上の四角をダブルクリックして「五線の属性」を表示させます。

五線の属性

右側にある「符尾の設定」をクリックします。

符尾の設定

符尾の設定が表示されたら、「符尾の向き」の「デフォルトの向き」を選択します。「符頭との接続位置を調整する」の「符頭からの距離」を選択します。「連符との接続位置を調整する」のチェックをはずします。

符尾の設定完了

この状態で「OK」をクリックします。「五線の属性」に戻るのでここも「OK」をクリックします。

TAB譜符尾完成

TAB譜の符尾が調整されました。

TAB譜の大きさ調整

五線と比べるとTAB譜の線の間隔が大きいので、最適な大きさに調整します。「五線ツール」をクリック、TAB譜の上の四角をダブルクリックして「五線の属性」を表示させます。

その他

「五線の種類」から「その他」をクリックします。

特殊な五線の設定

「特殊な五線の設定」画面が出てきます。ここで、「五線の間隔」に30と入力して「OK」をクリックします。

五線の間隔30

「五線の属性」に戻るのでここも「OK」をクリックします。

TABサイズ変更後

TAB譜の大きさが変更されました。

TAB譜の数字を調整

TAB譜の数字の大きさを読みやすい大きさに変えてみましょう。「五線ツール」をクリック、TAB譜の上の四角をダブルクリックして「五線の属性」を表示させます。

五線の属性

画面下にある「指定」をクリックします。

タブ譜の設定

タブ譜の設定画面が出てきます。
真ん中にある「フォント指定」をクリックします。

フォント指定

フォント画面が出てくるので、右上にあるサイズを変更します。

フォントサイズ変更

あまり大きくしすぎると見づらくなるので、ここでは「14」に設定して「OK」をクリックします。

タブ譜の設定

タブ譜の設定に戻りました。このときに、「音部記号を最初の小節のみに表示」のチェックをはずして、「連符を表示」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。「五線の属性」に戻るので「OK」をクリックします。

TAB譜数字の大きさ変更

TAB譜の数字の大きさが変更されました。

ページトップに戻る