ジャズギターが学べるサイト ジャズギタースタイルマスター

クロマチックアプローチの仕組み

1 クロマチックアプローチの方法
2 クロマチックアプローチの使い方

クロマチックアプローチの方法

目的の音に向かってクロマチックでアプローチすることを、クロマチックアプローチといいます。C音を例によく使われる方法をみていきましょう。

1 半音下から
クロマティックアプローチ1
2 半音上から
クロマティックアプローチ2
3 全音下から
クロマティックアプローチ3
4 全音上から
クロマティックアプローチ4
5 半音下+半音上から
クロマティックアプローチ5
6 半音上+半音下から
クロマティックアプローチ6
7 全音下+半音上から
クロマティックアプローチ7
8 全音上+半音下から
クロマティックアプローチ8
9 全音下+全音上から
クロマティックアプローチ9
10 全音上+全音下から
クロマティックアプローチ10
11 全音下+半音上から
クロマティックアプローチ11
12 全音上+半音下から
クロマティックアプローチ12

主なクロマチックアプローチの方法はこの12個です。それでは実際のクロマチックアプローチの使い方を見てみましょう。

クロマチックアプローチの使い方

上記で紹介した12のクロマチックアプローチは、スケール内のどの音に対しても使用することができます。ここではCMa7を例に弾いてみます。

クロマチックアプローチ6を使った例

CMa7クロマティックリック1

クロマチックアプローチは組み合わせて使うこともできます。

クロマチックアプローチ8+6を使った例

CMa7クロマティックリック2

クロマチックアプローチで大切なことは、使うことによってそのフレーズがカッコよくなっているかどうかです。クロマチックを使うとカッコよくなる音を探して、オリジナルのフレーズを作ってみてください。Ma7コードだけでなく他のコード(m7、7、etc)でもいろいろ試してみてください。

ページトップに戻る