ジャズギターが学べるサイト ジャズギタースタイルマスター

CMa7コードでのアドリブ

1 コードフォームとバッキング
2 リックを覚えて使ってみよう
3 スケールを混ぜてみよう
4 リックとスケールを使ったアドリブ
5 アーティキュレーションの大切さ

コードフォームとバッキング

CMa74小節
CMa7の響きを覚えるために、コードを弾いてみましょう。

CMa75弦ルートのコードダイアグラム
CMa76弦ルートのコードダイアグラム

コードが弾けるようになったらバッキングトラック作りです。DTMで打ち込んでもいいですが、自分で弾くほうが練習にもなるのでおすすめです。バッキングのパターンはいくつかあるので、好きなものを選んで弾いてみてください。

リズムパターン14分音符+8分音符
リズムパターン22分音符+8分音符
4分刻み4分音符
ウォーキングベース 2分音符+8分音符

音源のテンポは4分音符=120ですが、遅め、普通、速め、の3種類でバッキングを作っておくと練習する時に便利です。バッキングトラックが作れたらアドリブ練習をはじめましょう。

リックを覚えて使ってみよう

作ったバッキングに合わせてアドリブしていくのですが、はじめはなかなかジャズらしくはなりません。そこでジャズらしい響きのするリックを覚えてみましょう。

リック1CMa7リック1
リック2リック2
リック3リック3
リック4CMa7リック4
リック5 CMa7リック5

この中からカッコいいと思ったものを一つ選んで、頭の中で自然に歌えるようになるまで何度も弾いてみてください。それができてきたら、リックのリズムに変化をつけてみましょう。ここではリック3を例に弾いてみます。

リック練習譜面1

譜例では、2、3小節目で弾き始める位置に変化、5小節目で3連符を使ってリズムの変化、6、7小節目で自由なリズムの変化をさせています。

1つのリックを変化させる練習は、アドリブの中で自然にリックを使うために必要なので、新しいリックを覚える度に練習してみてください。リックを自由に変化させられるようになったら、スケールを取り入れてみましょう。

スケールを混ぜてみよう

CMa7ではCメジャースケールが使えます。ここでは5thポジション(人差し指を5フレットに置いた時に弾ける範囲)の配置を覚えましょう。

Cメジャースケール5thポジション

これを材料に、リックと混ぜてアドリブしてみましょう。このとき注意するのは、メロディーを作るようにアドリブすることです。例えば、次の例を聴いてみてください。

スケールをそのまま使った例

スケール+リックあまり使われない例

次は音に変化をつけたものを聴いてみましょう。

スケールの音を変化させた例

スケールとリックを組み合わせた例2

メジャースケールの音の並びを変えただけで、だいぶ違った印象になっていませんか。さらにリズムに変化をつけて弾いてみましょう。

リズムに変化をつけた例

スケールとリックを組み合わせた例3

ここまで変化をつけると、かなりメロディーらしく聴こえませんか。メロディーらしくアドリブするコツは、自分の頭の中に鳴る音を弾くことです。練習の時から常に心がけておくと、実践でも活かすことができます。

それでは、リック3とスケールを使ってアドリブしてみましょう。

リック練習譜面1

リックとスケールを組み合わせることで、アドリブの幅が広がっていきます。これができてきたら他のリックも合わせてアドリブしてみましょう。

リックとスケールを使ったアドリブ

紹介した5つのリックが、どのうように使われてるかも参考にしながら弾いてみてください。

リック練習譜面1

はじめはなかなか上手くいかないかもしれませんが、諦めずに何度も練習してみてください。5thポジションに慣れてきたら他のポジションでも練習して、ネック上全てを制覇できたら、1つのコードでのアドリブは完了です。

アーティキュレーションの大切さ

アドリブを練習していく上でとても重要なこと、それがアーティキュレーションです。アーティキュレーションは、ピッキングの強弱やハンマリング、プリング、スライドなどのギター奏法テクニックや、ストレートやシャッフルなどの特有なリズムを使って、音に表情をつけることを指します。その中でも、特にジャズで大切なのがリズムです。リック2+3を例に聞き比べてみましょう。

譜面どおりに弾いた例

リック2+3

ジャズのリズムを使った例

リック2+3

ジャズのリズムを使ったほうが、バックのサウンドに合っているように聴こえませんか。このジャズ特有のリズムのことをスウィングと呼んでいます。アドリブを練習していく上でスウィングの感覚をつかむことはとても大切です。(スウィングについてはリズムトレーニングのページヘ)

スウィングを習得するには、好きなアーティストの演奏をコピーして、それを弾いた自分の演奏を録音して聞き比べることです。客観的に聞くことで、どのタイミングでどの音を弾いているか、を聞き分けられるようになります。

リズムを身につけるには時間がかかりますので、上手くできなくても、スウィングというリズムがあるということを常に意識して練習しましょう。

ページトップに戻る