ジャズギターが学べるサイト ジャズギタースタイルマスター

BbメジャーKey I-VI-II-V リックの活用

1 覚え方
2 リックの各小節を組み合わせてみよう
3 リズムチェンジでリックを使ってみよう
4 リズムチェンジ1箇所目でのリック練習
5 リズムチェンジ2箇所目でのリック練習
6 リズムチェンジ3箇所目でのリック練習
7 リズムチェンジ3箇所まとめのリック練習

覚え方

II-V-Iリック同様、一度にたくさん覚えてもすぐに忘れてしまうので、響きの気に入ったものだけを覚えましょう。ポジション別になっているので、コードやコードトーンも一緒に覚えると効果的です。ポジション5のリック3を例にみてみましょう。

ポジション5リック3

BbメジャーI-VI-II-Vポジション5リック3

このポジションで弾ける各コードを覚えます。

BbMa7
BbMa7 4弦ルート
G7
G7 5弦ルート
Cm7
Cm7 6弦ルート
F7
F7 5弦ルート

同様にコードトーンも覚えましょう。

BbMa7
BbMa7 4弦ルート コードトーン
G7
G7 5弦ルートコードトーン
Cm7
Cm7 6弦ルート
F7
F7 5弦ルート コードトーン

このように、コードやコードトーンと関連付けてリックを覚えていくことで、ネック上をより深く理解できるようにもなります。

リックの各小節を組み合わせてみよう

紹介しているリックを自分の好きなように組み合わせるのも効果的です。例えば、ポジション4リック3の1小節目とリック4の2小節目を組み合わせると次のようになります。

リック3+リック4

ポジション4リック3+4

もちろん別のポジションのリックと組み合わせて、ポジション移動のあるリックを作ることできます。ポジション4リック5の1小節目とポジション5リック3の2小節目を組み合わせてみます。

ポジション4リック5+ポジション5リック3

ポジション4リック5+ポジション5リック3

自分がカッコいいと思ったリックを組み合わせて、オリジナルのリックを作ってみましょう。

リズムチェンジでリック使ってみよう

I-VI-II-VはII-V-I同様いろいろなスタンダードで使われていますが、ここでは出てくる回数が多く、よく演奏されるリズムチェンジの8小節間で練習してみましょう。

カラオケ

リズムチェンジ1-4小節目

それではリックを選んで1箇所ずつ使っていきましょう。

リズムチェンジ1箇所目でのリック練習

ここではポジション3のリック4を使ってみます。

リック4

BbメジャーI-VI-II-Vポジション3リック4

早速カラオケに合わせて弾いてみましょう。この練習はリックを曲の中で使えるようにするための第一歩です。リックを弾かないところは休符にしておきます。休符のときでも体でカウントを取っておきましょう。

バックに合わせて1箇所目のリックを弾く練習

1-6-2-5リック練習1 1-4小節目

リックを練習するときは常に歌いながら練習するのが効果的です。歌うことで自分の中にリックを吸収しやすくなります。口ずさみながらでも頭の中で鳴らしながらでも、どちらでもやりやすい方法で歌ってみてください。

リックを使うのに慣れてきたら、リックの前後2小節をそれぞれのコードトーンを使って弾いてみましょう。コードトーンを弾くことでコード進行の流れとインサイドの音使いが自分の中にしっかり身につきます。ここでは2分音符と4分音符で弾いてみましょう。

1箇所目の前後に2分音符でコードトーンを弾く練習

1-6-2-5リック練習2 1-4小節目

1箇所目の前後に4分音符でコードトーンを弾く練習

1-6-2-5リック練習3 1-4小節目

コードトーンのどの音を弾くかは自由ですが、リックの終わりは、終わりの音に近いコードトーン、リックの始まりへは、始めの音にスムーズに流れていける音、を選ぶのがポイントです。慣れてきたらいろいろなリズムを使って弾いてみましょう。

1箇所目の前後に自由にコードトーンを弾く練習

1-6-2-5リック練習4 1-4小節目

コードトーンで弾く箇所は、休符を使って息継ぎのスペースを意識したり、3連符を使って勢いを出したりするとリックにつなげやすくなります。1箇所目に慣れてきたら2箇所目に移りましょう。

リズムチェンジ2箇所目でのリック練習

ここは解決先がBbMa7ではなくFm7になっているので、Fm7のコードトーンに解決するよう、リックをアレンジします。例えばポジション4のリック5を選んだ場合は、

リック2の最後をFm7にアレンジ

ポジション5リック4をFmi7に解決させた例

このように、最後の音をFm7のコードトーンにします。リックの終わりの音から一番近いFm7のコードトーンを選ぶと上手くいきます。Fm7に対応させたら1箇所目同様、カラオケに合わせて弾く練習からはじめましょう。

バックに合わせて2箇所目のリックを弾く練習

1-6-2-5リック練習5 1-4小節目

リックを使うのに慣れてきたら、リックの前後をコードトーンを使って弾いてみましょう。2分音符と4分音符で弾いてみます。

2箇所目の前後に2分音符でコードトーンを弾く練習

1-6-2-5リック練習6 1-4小節目

2箇所目の前後に4分音符でコードトーンを弾く練習

1-6-2-5リック練習7 1-4小節目

最後にコードトーンのリズムを自由に弾いてみましょう。

2箇所目の前後に自由にコードトーンを弾く練習

1-6-2-5リック練習8 1-4小節目

5、6小節目のように同じリズムを繰り返す方法は、いろいろなパターンが考えられるので試してみてください。2箇所目に慣れたら3箇所目も同じように練習しましょう。

リズムチェンジ3箇所目でのリック練習

3箇所目は7。8小節目です。1、2拍目のDm7はBbMa7の代理コードと解釈出来るのでリックを使うことが出来ます。どんなサウンドになるか、ポジション4のリック3を例に聞いてみましょう。

1-6-2-5リック練習9 1-4小節目

リックを使うのに慣れてきたら、リックの前後にコードトーンを使って弾いてみましょう。2分音符と4分音符で弾いてみます。

3箇所目の前後に2分音符でコードトーンを弾く練習

1-6-2-5リック練習10 1-4小節目

3箇所目の前後に4分音符でコードトーンを弾く練習

1-6-2-5リック練習11 1-4小節目

コードトーンを弾くのに慣れてきたら、リズムを自由にして弾いてみましょう。

3箇所目の前後に自由にコードトーンを弾く練習

1-6-2-5リック練習12 1-4小節目

これで3箇所全ての練習が終わりました。「リックを弾くこと」、「リックの前後をつなげること」に慣れてきましたか?各箇所で弾くのに慣れてきたら、3箇所のリックをつなげて弾いてみましょう。

リズムチェンジ3箇所まとめのリック練習

3箇所全てでリックを使うときは上手くつながるリックを選ぶことも大切です。

3箇所のリックをつなげた例

1-6-2-5リック練習まとめ 1-4小節目

つなげられたら5、6小節目をコードトーンで自由に弾いてみましょう。

5、6小節目をコードトーンで自由に弾く練習

1-6-2-5リック練習まとめ 1-4小節目

リックを弾く練習の目的は、自分の中にジャズらしい音使いを覚えこませることです。リックを弾いているだけではアドリブにはなりませんが、何度も何度もリックを弾くことで、自分の中にジャズらしい音使いが蓄えられ、アドリブのときにジャズらしいメロディーが浮かんでくるようになります。

リックを自分のものにするまで時間はかかりますが、あきらめず続けてみてください。きっとアドリブの幅が広がっていくはずです。

リズムチェンジに慣れてきたら、他のスタンダード曲でも同じように練習してみましょう。

ページトップに戻る