このページの先頭です
ここから本文です
スペース

ソルフェージュとは

ソルフェージュはメロディーを、Do・Re・Mi・Fa・Sol・La・Ti・Do
(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・ティ・ド)を使って読むものです。
Cメジャースケールを見てみましょう。

Cメジャースケール
CMajorscale

これはそのまま「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・ティ・ド」と読みます。
各音に♭がつく場合eを語尾に付けます。(例外としてレにはaをつけます)

Cフリジアンスケール
Cphrygianscale

これは「ド・ラ・メ・ファ・ソ・レ・テ・ド」と読みます。
各音に♯がつく場合はiを語尾に付けます。

Cリディアンスケール
CLydianscale

これは「ド・レ・ミ・フィ・ソ・ラ・ティ・ド」と読みます。
また、読み方には移動ドを使うので、Keyが変わっても、ド・レ・ミはそのまま
になります。

スペース

移動ドとは

移動ドは、Keyが変わるとそのKeyのルート音をドとして読む方法です。
KeyがCメジャーの場合は、

Cメジャースケール
CMajorscale

こうなりますが、これが、Key=Gメジャーになったとしても

Gメジャースケール
GMajorscale

と、KeyであるGを「ド」として読みます。
つまり、KeyがAになれば、Aを「ド」。KeyがBになればBを「ド」と読みます。
曲中で転調する場合も同様に転調した音を「ド」と読み直してソルフェージュ
していきます。

スペース

メジャースケールとモード

ここからは実際にスケールをソルフェージュしてみましょう。

Cメジャースケール

Cメジャースケール

Cドリアンスケール

Cドリアンスケール

Cフリジアンスケール

Cフリジアンスケール

Cリディアンスケール

Cリディアンスケール

Cミクソリディアンスケール

Cミクソリディアンスケール

Cエオリアンスケール

Cエオリアンスケール

Cロクリアンスケール

Cロクリアンスケール

スペース

メロディックマイナースケールとモード

ジャズでよく使われるメロディックマイナースケールとそのモードの練習です。

Cメロディックマイナースケール

Cメロディックマイナースケール

Cオルタードスケール

Cオルタードスケール

Cロクリアンナチュラル2スケール

Cロクリアン♯2スケール

Cリディアン♭7スケール

Cリディアン♭7スケール

スペース

クロマチックスケール

クロマティックスケールは歌うのが難しいですが、全ての音が入っているので
毎日の練習に最適なスケールです。

Cクロマチックスケール

上行
クロマチックスケール上行
下行
クロマチックスケール上行

Cキーで練習してきましたが、他のキーでもソルフェージュ出来るように練習しておきましょう。